コピー機はリースがいいのでしょうか

コピー機は、買取ってしまうよりもリース契約で使う方がいいのでしょうか。



とても難しい問題です。



もう一つ、レンタルはどうかという問題もあります。


結論的には、それぞれの特徴をよく確認した上、使う人や企業の使う用途や使用枚数見込みなどとお金の関係で決めるしかありません。

手元資金があれば、買取ってしまうのが一番いいという点は、大方の人が賛同します。

なぜなら、リースにすると、月々の支払金額は少ないものの、累計すると一時金で支払ったものと比べると、かなりの高額になってしまうからです。10万円以上だと固定資産税がかかるので、リースだとそれがないので得であるという人がいますが、それは誤りです。税法の改正で、リースでも固定資産税相当分が徴収されます。



この点はの詳しいことは、税理士などに相談するといいでしょう。



コピー機をレンタルと比較すると、どちらが得かということも、難しい問題になります。

月々の金額はレンタルの方が高いのですが、枚数単価などで使った費用を払うだけで、トナーとか用紙とか、万が一の機械故障などにもに全く費用は発生しないのが通常です。



リースはトナーとか用紙にお金がかかりますし、通常のトラブルはお金がかからないものの。



特定の故障などでの部品交換などは有料になる場合があるのです。



コピー機の入手手段の違いによるメリットデメリットなどの概要は、以上のようなものですが、メーカーによっても異なる条件などもありますので、機種を特定した上で、最終的な詰めをするといいでしょう。



関連リンク

  • オフィスなどで、コピー機などをリースで利用している企業があります。そこには数々にメリットがあり、毎月にかかる諸経費を抑えることができます。...

  • コスト削減に力を入れている企業も多いかと思います。しかし、ペンや備品などの消耗品の使用を控えるだけでは微々たる節約しかできません。...